2014/08/26

耳をすませばの雫と聖司のような青春時代は過ごせなかったが聖司の爺さんみたいになるにはまだ可能性があると気がつく

耳をすませばをおっさんになってから見ると、雫と聖司のような学生時代は送れなかったな。と過去を見るが聖司の爺ちゃんが仲間たちと音楽を演奏するシーンで、こういう爺さんになるにはまだ時間が残されている。とまだまだこれからだなと思うわけです。

耳をすませばが公開されたのは自分がちょうど思春期を迎えるかどうかというような頃で、月島雫と天沢聖司のような学生時代や青春時代を送りたいなあなんて思いながらも、あそこまではこっ恥ずかしいところもあって。

ラストに、結婚してくれないか!なんて言ってしまうのはさすがに見てる側もニヤニヤしてしまう。

時を経て、そんな青春時代は自分には送れなかったな、と過去を悔いながらも耳をすませばくらいの作品ともなると金曜ロードショーでも定期的にやっていてその都度見てしまう。30歳を超えた今でも。

月島雫が天沢聖司にバイオリン弾いてみてよ、とお願いする。

その代わりお前歌えよ!知ってる曲だから。

でカントリーロードを弾き始めるシーンがある。

何このかわいいやりとり。なんて思っているのだけれど、30歳を過ぎてなんとなく昔からの友人たちとも少しずつ疎遠になりつつある時、自分にはこういう青春時代は送れなかったなと過去を見ているだけでなくこういう爺さんになりたいなと思わせる未来もあることに気がついた。

月島雫と天沢聖司が歌い、バイオリン弾いているとそこに天沢聖司のお爺さんとその音楽仲間が帰ってくる。シィーっと二人のその様子を覗き、天沢聖司のお爺さんを含めて3人それぞれが楽器を手に持って即興でその演奏に加わる。

そのシーンには月島雫と天沢聖司の青春時代とお爺さん世代が描かれている。

その場には彼と彼女のお父さんやお母さんは立ち会ってはいない。

自分は今まさにその間の世代を生きている。その間といっても20代から50代か60代くらいまでと非常に幅広いのだけれど。

月島雫と天沢聖司は自分にとっては過去で天沢聖司のお爺さんとその仲間達は自分にとっては未来になる。

それで、自分は残念ながら月島雫と天沢聖司のような青春時代は送れなかったと過去を悔いるわけだけれど、同時に、天沢聖司のお爺さんとその仲間の陽気で楽しそうな姿を見て、ああいう未来を送るにはまだまだ時間がある。あんな青春時代を過ごしたかったなんて言うのもほどほどに、天沢聖司のお爺さんのように阿吽の呼吸で一緒に音楽に入っていけるような仲間達と共に楽しく過ごせる爺さんになれる可能性はまだ残されている。過去にはなれなかったけれど未来ああなれるかどうかはまだまだだぞと言われている気がするのです。

そして、月島雫と天沢聖司の二人とおじいさんたち3人との間のわずかな空間。本来であればそこにいる世代の人間としても、爺さんになるのは随分先の未来だなんて言ってられず、本当ならば今すぐにでもその場にいられる人間でないといけないんだなと現在の自分に対しても励まされるわけです。

この頃、定年を迎えた直後や定年後数年経ったという方に接する機会が多くあります。その彼らの過ごし方を見て、耳をすませばのこのシーンを思い出したのでした。

ああいう爺さんになるのが自分の理想かどうかは人それぞれだけれど、少なくともああなっていたい、こうなっていたいと思う爺さんになるにはまだまだ時間は充分ありますよ、と。同時に青春時代と爺さんの間の世代もそこに乗り込んでいかなきゃ自分の理想とする爺さんになれないんじゃないのかな、と思うシーンでした。

2014/06/11

Googleから、不正なログインがブロックされましたというメールが来ないからといって安心出来ません。2014年6月ver。

最近、「Google 不正なログイン」「Google 不正アクセス 通知」
というようなキーワードでブログを訪問してくれる人が多く、
GOOGLEから不正なログインをブロックしました。というメールがGMAIL宛に来た

ですでに経験済みの私はまた流行ってるんだななんてのんきに構えていましたが、私にも同様のメールが再び。1年4ヶ月ぶり2度目。

早速パスワード変更等を行いましたが、その過程で実はメールが来てないからといって安心出来ないということがわかりました。

今回はサブアカウントが被害に

AndroidでGooogleのアカウントを利用したり他のメールアドレスが必要だったりでいくつかgoogleアカウントを所持しているのですが、今回はその中から3番目くらいに利用しているGoogleアカウント(***un@gmail)が不正ログインにあったようです。

幸いにもこのアカウントはメールの利用、その中でも店からのメーリングリスト程度なのであまり重要な被害にはならなさそうかなというのがわずかな救い。

こんな感じのメールが来ます。


文面としては、
タイトル「不正なログインがブロックされました」

最近、他のユーザーがあなたのパスワードを使ってあなたの Google アカウント(********un@gmail.com)にログインしようとしました。このユーザーは、メール クライアントなどのアプリケーションや携帯端末を使用していました。
Google では、このアカウントへのアクセスが不正使用のおそれがあるため、このログインをブロックしました。ログインの詳細について、以下の情報をご確認ください:
2014年6月6日 15時43分00秒 UTC
IP アドレス: **.**.**.***(**-**-**-**.cpe.*********.net)
場所: アメリカ合衆国 テキサス デニソン

このログインに心当たりがない場合は、他のユーザーがあなたのアカウントにアクセスしようとした可能性があります。今すぐアカウントにログインして、パスワードを再設定してください。

予備のメールアドレスに登録してあるメインのアカウント(***a@gmail)にも同様のメールが来ていました。一応今回被害にあった***un@gmailに届くメールもメインのアカウントに転送しているのですが、それでもこうやって予備のメールアドレスにまでお知らせメールを届けてくれるのは親切です。



さっさとパスワード変更

***un@gmailのアカウントにログイン

ログイしようとすると、こんな警告が

Gmailの画面には上部にこんな警告が


「確認する」をクリックしてみるとセキュリティのページヘ。
なおこのページは通常でもGoogleのアカウント設定画面から
「アカウント」→「セキュリティ」→「最近のアクティビティ(イベントをすべて表示)」
で見ることが出来ます。

キャプチャの順番がめちゃめちゃなうえ、下のはパスワード変更等行ったあとのものですが


アメリカ、アルゼンチン、アメリカからのアクセスが。
初めはこのアメリカ、アルゼンチン、アメリカの文章は警告と同様真っ赤っ赤で上部の目立つところに掲載されていました。

なお、このあたりの東京や京都からのアクセスにも全く心当たりは無かったりします。


自分が使ってるGoogleChromeやFirefoxのver自体が違うので怪しいですね。
ちなみに、Androidの3Gからかなと思い、メインのアカウントで調べて見ると、こんな感じの表示になるので違う様子。

ということは、今回アメリカやアルゼンチンからアクセスがなければ気がつかないうちに日本国内からアカウントにアクセスされてたってことなのかな。
と焦って、さっさと2段階認証をすることに。

上でも利用したのと同じ画像ですが、こちらの
パスワード内、2段階認証プロセスの「設定」から出来ます。
携帯電話のメールアドレスが必要ですが、普段あまり中まで覗かないサブアカウントほど2段階認証プロセスが必要かなと思ったりします。
実際、メインアカウントで2段階認証をすると若干面倒なんですけれど、サブアカウントなら一度設定しておけばそれ以降滅多に認証キーが必要になることもないですし。

ひとこと

今回分かったことは、普段アクセスをしないような離れた地域、例えば外国からのアクセスであれば警告が来ますが、離れた場所でも充分ありえるような場所から、例えば東京や大阪、京都からであれば特にGoogleからは警告が来ないということです。

メインのアカウントも最近のアクティビティを確認しましたが、そちらは無事でした。
といっても2週間分くらいのログしか見れないので本当に無事なのかまでは分かりませんが。

メインのアカウントには重要な情報が自分の分だけでなく他人の分まで記載されていたりするのでログが残る2週間を目安に定期的にセキュリティ内の最近のアクティビティでアクセスログをチェックした方が良さそうです。
2014/05/25

Bloggerでガジェットが消せない時は該当するb:widgetタグをHTMLの編集から直接削除してみる

以前にBloggerのウィジェットが消せなくなったとことがありました。

Bloggerでガジェットが消せない時は以前のインターフェースに戻す

その時は、以前のインターフェイスに戻す、という項目がありそちらから削除出来たのですが、仕組みが変わったようで、そちらのやり方では出来なくなっていたようです。
というか、今の仕組みの状態で消せるようになったという方が正しいかもしれません。

2014年5月25日現在の仕組みでは、「レイアウト」→「HTMLの編集」からwidgetタグの削除で対応出来そうです。

※ウィジェットの削除等を行う場合は「テンプレート」→「バックアップ/復元」→「テンプレートをすべてダウンロード」でバックアップをとってから行うことを強くおすすめします。

まずは普通にウィジェットの編集から削除を試みる

Bloggerでフリーのテンプレートを色々試そうと主に海外のサイトからテンプレートをダウンロードしてきてアップロード、またアップロード、さらにアップロードと繰り返していたらこんな悲惨な状態になったりします。

うまくキャプチャが出来なかったのでガタガタですが、レイアウトのページを見てみても、






ウィジェットがいっぱいです。


というわけで、不要なウィジェットを「レイアウト」ページの各ウィジェットの「編集」から削除でサクサクと消していきます。
上の画像もよく見たら、Labelsのウィジェットが2つもあった。
削除後。
サイトの方もさっぱりしました。
が、ご覧の通り、ブログタイトル「2014年5月25日です」が二重表示になってしまっています。

その他、こちらも、まだ消したいウィジェットが残っていますが、「レイアウト」→「編集」からでは削除の項目がないため消せません。

HTMLの編集から直接削除を試みる

ということで、「テンプレート」→「HTMLの編集」から該当しそうなHTMLを直接削除してみます。

まずは、ブログタイトルの「2014年5月25日です」が2つもいらないので消してみます。
さっと見ていくと、発見。

このように、
<b:widget id="Header10" locked="true" title="2014年5月25日です (Header)" type="Header">

<b:widget id="Header1" locked="true" title="2014年5月25日です (Header)" type="Header">
が2つ。
違いがよくわからないけれど、id="Header10"とid="Header1"になっているのでHeader1の方を残してみようと思います。

テキストを選択すると、省略されていた部分が展開されて見失いそうになるので、削除したい行の区間を覚えておくといいと思います。
この場合、757行から825行まで削除します。

サクッと削除してプレビューでも確認して、保存してみると、ブログタイトルが無事一つのみ表示されるようになりました。

今度はサイドメニューの「Kategori」というWidgetを削除してみます。
こちらも、通常のやり方であるウィジェットの編集からは削除項目がなく削除が出来ません。

同じように「テンプレート」→「HTMLの編集」から削除します。
先程は上部だったので見つけやすかったのですが今度はどこにあるのか探すのが大変なので本文検索(ctrlキー+F)で、ウィジェットのタイトルのなっている「kategori」で検索すると探しやすいです。

おかげで簡単に見つかりました。黄色でハイライトされている部分ですね。
今度は2091行目の
<b:widget id="Label13" locked="true" title="Kategori" type="Label">
から2102行目の
</b:widget>
までを削除してみます。

「レイアウト」で確認してみると、

kategoriかくにん!よかった!
じゃなくて消えて無い…。

のですが一旦、左上の「マイブログ」をクリックして自身のブログ一覧ページに行った後に再び「レイアウト」ページで確認してみると、

以前はAttributionウィジェットの下にあった「kategoriウィジェット」が無事消えました!

と、このような形でウィジェットの編集から削除がウィジェットも削除出来るようです。
ウィジェットの編集から削除の項目がないのは、widgetタグのlocked="true"になっているからだと思うので、該当するwidgetタグのlocked="true"をlocked="false"にする、など別のやり方もありそうですが、今回は削除したいだけなのでこれで充分でしょう。

ひとこと

Bloggerの利用上、またはテンプレートの利用規約で削除してはいけないウィジェット等もあることかと思いますのでそちらにはお気をつけ下さい。

再度ですが、HTMLの編集機能を利用する際は必ずバックアップをとってからするようお気をつけ下さい。またこの作業を行ってバグや不具合が出ても責任はとれませんのでよろしくおねがいします。